不動産売却にかかる税金について知ろう!

カンタン理解!不動産売却について

まず、不動産っていったい何だっけ?

不動産売却の流れって想像することができますか? そのときにかかる税金ってどんなものがあるかご存知ですか? 全く知らない? 大丈夫ですよ。 税金について、って意外と全く知らなかったりするものですよね。 ここでは、不動産売却に必須な基礎知識を伝授していきますね!

売却するとき、いつ、どれだけ税金がかかるのか

不動産売却をするとき、いつ、どれだけの税金を支払わなければいけないかをお伝えします。 税金は、期間内にきちんと収めないと様々な問題が後々に発生してしまいますからね。 ここでは基本的なことのみになるので、疑問点があったら専門家に問い合わせてみましょう!

不動産売却の基礎知識

「不動産売却って何?」
ええ、分かります、その疑問。
聞いたことはあるけれど、意外とどんなことかはっきりと想像がつかないことです。
いったい不動産売却とは何のことなのか?

と、いうか。
不動産っていったいどんなものを指すかご存知ですか?
「土地のことでしょ?」
ええ、そうです。
しかし、それだけではありません。
意外とわかっているようで、わかっていないことなので、ここで一度「不動産」についておさらいしておきたいと思います。

まず、不動産とは皆さんもご存じの通り、土地のことです。
しかし、土地だけではないのです。
その土地に建物を建てると、また別の不動産としてカウントされます。
それ以外のものは動産というものになります。
つまり、大雑把に言えば、「動かせるものは動産、簡単には動かせないものは不動産」ということになります。

つまり、不動産売却ということは、動かすことのできない土地や建物を、自分以外の誰かに売る、ということなんですね。

不動産売却、と言葉で言ってしまえば簡単なことなのですが、実は手順が分かりにくかったり、気を付けて行わないとものすごい額のお金がかかってしまいます。
専門家に相談することが一番解決につながりやすいのですが、敷居が高く、少しお高いということもありますよね。
ここでは、不動産売却の上での基礎知識を、まったくの税金初心者であるという仮定をして、あなたにお話ししていきますね。
あなたの不動産売却のちょっとした指針になることができればうれしいです。

落とし穴に気を付けて!要チェック!

「無事に不動産売却できそうだ!」 良かった! ここまでご説明してきた甲斐もあるってもんです。 でも、もしかして忘れていることとか、ありませんか・・・? ここでは、不動産売却の初心者が陥りやすい落とし穴をお伝えしますので、失敗しないように気を付けてください!

TOPへ戻る